旭光電機

KYOKKO POLICY

旭光電機は、独創のセンシング技術とコントロール技術で、
安全と快適な社会の実現に貢献します。

多くの人が豊かな暮らしを手に入れた今も、生活に「安全性」や「快適性」を望む声は高まる一方です。また社会的弱者のためのバリヤフリー化を求める気運は、急速に拡大しています。そのような社会の変化の中で、生活の多くのシーンに関わるセンシング技術とコントロール技術が果たすべき役割も、一層、重要性を増すと考えます。
当社は日本で初めて自動ドア用コントローラーを開発して以来、常に独創的な開発テーマを掲げ、生活における安全性と快適性の向上に努めてまいりました。
またセンサーとコントローラーの進歩、高度化を担うべく、積極的な投資を行い、より高い品質の製品をより安価に提供できる体制づくりにも取り組んでいます。
さらに自動ドア、鉄道、船舶の分野で培ってきた要素技術は、食品サービス分野、福祉分野などにも応用され、より安全で快適な暮らしを支えるために、着実に成果をあげつつあります。

KYOKKO NEWS

more info
宇宙開発

KYOKKO STAFF

センサーとコントロール技術のあくなき探求

旭光電機株式会社は、様々な業種からの受託開発・基板設計製作を積極的に進めています。

スタッフ紹介 & 採用情報 >
PAGETOP