IoT分野

トリプルバンド無線モジュール

グローバルで使えるSigfox、高速汎用IEEE802.15.4g、
密閉コンテナや水没からも届きやすいIEEE802.15.4kの
3種類の無線を利用可能

ロームグループのラピステクノロジー社製のトリプルバンド無線IC「ML7404」を搭載した無線モジュール(技適認証済)と搭載可能なエッジデバイスを提供

令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成 仕様はこちら

同時利用可能な3種類の無線方式を搭載したトリプルバンド

  1. Sigfox:世界中で利用されている広域網省電力無線(LPWA)なので基地局不要。電池で数年間駆動。低コスト通信。グローバル展開:現在70カ国
  2. IEEE802.15.4g:スマートメータ等で利用が進むサブギガバンドのローカル無線
  3. IEEE802.15.4k:無線接続性を改善するサブギガバンドのローカル無線
  4. マイコン搭載:単体で無線通信+制御も可能(汎用ポート20本以上)

周波数:Sigfox/920MHz IEEE802.15.4k/920MHz IEEE802.15.4g/920MHz ネットワーク:Sigfox/公衆 IEEE802.15.4k/自営 IEEE802.15.4g/自営 通信距離:Sigfox/◎ IEEE802.15.4k/◎ IEEE802.15.4g/○ Multi hopping:Sigfox/× IEEE802.15.4k/× IEEE802.15.4g/○ 通信速度:Sigfox/△ IEEE802.15.4k/△ IEEE802.15.4g/○ FOTA(firmwareupdata over-the-air):Sigfox/× IEEE802.15.4k/× IEEE802.15.4g/○ 消費電力:Sigfox/◎ IEEE802.15.4k/◎ IEEE802.15.4g/○ Battery:Sigfox/◎ IEEE802.15.4k/◎ IEEE802.15.4g/○

密閉コンテナや水没状態(数cm)等の悪環境に強いIEEE802.15.4k

IEEE802.15.4kはDSSSという拡散方式を使用しており、他LPWA方式と比べて他システムの妨害波だけでなく、同一システムの妨害波にも強く、無線の到達性を改善。

IEEE802.15.4kはデバイスが密集しても強い!・コンテナ内、量水器Box内からでも数十メートル届く!

周波数:LoRa/920MHz Sigfox:920MHz IEEE802.15.4k/920MHz 標準化団体:LoRa/LoRaアライアンス Sigfox:Sigfox社 IEEE802.15.4k/IEEE(国際基準) ネットワーク:LoRa/自営 Sigfox:公衆(オペレータが移設) IEEE802.15.4k/自営 通信距離:LoRa/≈10km Sigfox:≈10km IEEE802.15.4k/≈10km 長距離化手法:LoRa/CSSスペクトル拡散の一種 Sigfox:UNB IEEE802.15.4k/DSSSスペクトル拡散の一種 通信速度:LoRa/〜数kbps Sigfox:100bps IEEE802.15.4k/〜数kbps 消費電力:LoRa/超低消費 Sigfox:超低消費 IEEE802.15.4k/超低消費

無線モジュールが搭載出来るエッジデバイスを3種類提供

トリプルバンド無線モジュールは単体でもSigfox⇔サブギガローカル無線のゲートウェイが可能。さらに設備の接点出力等をトリプルバンド無線で送信する用途や、LTEやWifi、イーサネットなど他の通信手段に変換するゲートウェイ機能が利用できるエッジデバイスを用途や機能別に3種類用意。

高機能 MeetPi/CPU,OS:RaspberryPi,Linux/産業用ラズパイを提供。機能安全や高セキュア対応のRTOSモジュール、電源モジュールのオプションが使える/ 汎用 SmartFit Pro/CPU,OS:16bitRISC, IoTOS ※自社開発/ソフトはプリインストール済なので簡単な設定だけですぐ使える。多彩な無線および有線オプション/ シンプル Pico3/CPU,OS:ESP32, FreeRTOS/ユーザーが自由にプログラム出来る。小型、表示ディスプレイ付。無線や有線オプションが最大2個まで使える

ローム株式会社 ROHM ラピステクノロジー株式会社 ROHM GROUP LAPIS TECHNOLOGY

仕様一覧

トリプルバンド無線モジュール

型番 SR-ML7404-01
無線仕様 準拠規格 技術適合認証 ARIB STD-T108準拠 ※1
IEEE 802.15.4g IEEE 802.15.4k Sigfox(認証予定)
使用周波 920.6 − 928.0[MHz] 921.0 − 927.6[MHz] 923.2MHz
送信出力(TYP) +13 [dBm] +10 [dBm] +13 [dBm]
データレート 50k − 100k [bps] 0.39k−1.56k [bps] 100 [bps]
変調方式 2GFSK BPSK BPSK
拡散方式・長距離化手法 / DSSS UNB
受信感度※2 −109 [dBm] −121 [dBm] /
通信方式 単信 (送信、受信) 単信 (送信、受信) Uplink専用
送信モード ユニキャスト ユニキャスト /
ペイロード長 ※3 10byte~ 10byte 12byte
送信時電流 ※4 31mA 27mA 24mA
受信時電流 ※4 31mA T.B.D T.B.D
電源電圧 2.8V − 3.6V(typ.3.3V)
アンテナ 内蔵チップ型(外部アンテナ接続可能)
動作温湿度範囲 0 ~ +60℃、25−85%RH (結露なきこと)
制御 I/F シリアルインターフェース (UART)
適合コネクタ ヒロセ電機(株) DF40HC(3.0)−40DS−0.4V(51)
制御コマンド仕様書 準備中
外  形 23.7 × 42.0 × 5 [mm]
環境対応 鉛フリー
※1 取得対応中です。 ※2 条件により変動します。実測値ではありません。
※3 ユーザアプリケーションデータ領域です。
※4 当社条件による測定値です。

エッジデバイス

商品名 MeetPi SmartFit-Pro Pico3
プロセッサ ArmCoretex-A15,64bit,
4コア1,200MHz
TI/MSP430,
16bit 32MHz
Xtensa,32bit,
2コア,200MHz
OS Linux IoTOS(自社開発のタスクスケジューラ搭載) FreeRTOS
ユーザープログラム Linux上でユーザーがプログラム開発可能 プリインストールプログラム(開発も可能) Arduino互換。プログラム開発可能
Watch Dog / 相互監視 有/有:Realtimeモジュール搭載時 有/有:拡張モジュール実装時 有/有:拡張モジュール実装時
電  源 DC24V,5V,PoE DC8~24V, 電池 USB
携帯回線 Cat.1/M1/NB1 Cat.M1/NB1 Cat.M1/NB1
各種Local無線 USBドングル 独自拡張XBee Busで提供 独自拡張XBee Busで提供
Ethernet/各種有線接続 拡張基板で提供 独自拡張MicroBusで提供 独自拡張MicroBusで提供
PAGETOP