宇宙開発

超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)搭載
小型高分解能光学センサの開発

超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)
©三菱重工/JAXA
2017年12月23日に種子島宇宙センターからH-IIAロケット37号機で打上げられたJAXAの超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)に当社が開発した小型高分解能光学センサが搭載されています。 JAXAの超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)ロゴ©JAXA

超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)
©JAXA
SLATSはこれまでの人工衛星にとって未開拓の軌道領域「超低高度軌道」を利用する初の観測衛星です。 超低高度軌道は地上に近いためより高い解像度で地球を観測することが可能となります。
旭光電機は主要ミッションの1つである小型高分解能光学センサを開発しました。

「SLATSのミッションや仕様については、 JAXA webサイト「超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS) 」ページをご覧ください
超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)©JAXA

超小型人工衛星向け撮像装置TDI(Time Delay Integration)を開発

大学開発衛星、JAXA実験衛星等に搭載

高速で飛ぶ人工衛星から、地上をブレずに明るく撮影するTDIを開発しました。

CCD(撮像素子)のラインを1つずつずらしながら多重撮影することで暗い移動体撮影します。

PAGETOP